「やりたい」を実現し、プラスαの刺激を受けている。

―KDDIに入社した動機を教えてください。

田巻/前職では、公認会計士として監査法人に勤務していましたが、約8年半、監査業務をするなかで、顧客の数字を見る側から、数字を作る側にまわりたいと考えるようになり、事業会社への転職を決意しました。KDDIを選んだのは、監査法人で通信会社を担当していたこともあり、自分のスキルを活かせる企業だと思ったからです。現在は、会社全体の月次および四半期の数字の取りまとめなどを任されており、やりがいのある仕事ができています。

鈴木/私は以前コンテンツプロバイダに勤めていましたが、業務はWEBアプリケーションの開発が主だったので、インフラ系の経験を積みたいと考えて、大規模なサーバを運用しているKDDIを選びました。大資本の企業で市場へのインパクトが大きな案件に携わりたいと思ったことも、入社動機の一つです。前の会社は、高い技術力を持ってはいたのですが、規模がそれほど大きくなかったため、資本力などが原因で企画が頓挫することもあり…。KDDIであれば、そうした面でも可能性を広げられると考えたのです。

田巻/鈴木さんは今、どんなお仕事を?

鈴木/法人向けのSaaS領域の開発業務に従事しています。法人向けの事業は市場規模も大きく、挑戦しがいがありますね。インフラ系については、部署の皆さんから教えを受け、会社からも資格取得の勉強をさせてもらいながら、徐々に仕事に参画させていただいている段階ですが、部内にはネットワークやサーバ周辺の知識に長けたベテランエンジニアが多いため、一緒に話しているだけで、自然に知識が入ってきます。グローバル部門の方からもシリコンバレーの企業の話を伺えるなど、大変刺激になっています。

中途入社者を当然のように迎え入れる、開かれた風土を実感。

―職場はどのような雰囲気ですか?

田巻/聞けば何でも答えてくれる、オープンな人が多いという印象です。財務・経理部は約100名を擁する大所帯。多様な視点を持った人たちから意見を聞けるのは面白く、自己成長の点からもためになります。また、本部長などと話しをする機会も多く、風通しはかなりいいですね。

鈴木/確かに。社長や本部長などの経営陣は非常にフレンドリーですし、私の部署の人たちも皆、話しやすい。それと同時に、顧客のニーズを的確にとらえて、施策に落とし込むスキルも高いと感じます。またオフィスには、専用の開発部屋やブース、付箋を貼り付けていく“カンバン”などもあり、コミュニケーションを円滑にするための環境が整っている。そうしたなかで皆が自由かつ活発に意見を出し合っていることが、プロジェクトのスピード化につながっているのだと思います。

田巻/一方で職場には、中途入社の人が予想以上に多かった。入社直後、先に入った中途の方から声をかけていただけたのは、安心材料になりました。

鈴木/私の場合も、先に入った中途入社の方がいたので、社内の手続き上の決まりごとなど、こちらが聞きたいと思う事柄をすべて教えてもらえて、助かりました。

田巻/プロパー組との壁を心配される方もいるかもしれませんが、KDDIは元々、いろいろな会社が合併してできている、中途入社者の集団のような組織なので(笑)。外から来る人を受け入れる土壌は、他の会社よりもあるんじゃないか、と。

フィロソフィで結ばれた一体感がある。挑戦のチャンスが無数にある。

―部署や勤務地でカラーの違いはありますか?

田巻/渋谷のヒカリエにある部署は服装も自由で、開放感にあふれており、私が勤務している飯田橋以上に明るく、ざっくばらんな雰囲気ですね。

鈴木/部署のカラーで言うと、開発系のメンバーは「とりあえずやってみよう」が口癖。素早く実行に移してみて、ダメだったら直せばいい、というスタンスです。

田巻/財務・経理部では、「自分のことのように考えろ」という言葉が頻繁に出てきます。フィロソフィで言うところの「ジブンゴト化」ですね。

鈴木/今は全社的にフィロソフィの実践が推進されていますが、他部署の人たちと顔を合わせる座談会的な場があって、実践の成功事例を共有させてもらえるのも有り難いですね。

田巻/行動の原則などは数が多いので、正直な話、各人がすべてを体現するのは難しいと思いますが、自分の目標なり、ポリシーなりを定めるのには役に立つ。

鈴木/それぞれに自己の行動規範を持つ人間が補完し合いながら、組織として一つにまとまって勝ちに行く。組織としては最高の姿だな、と感じています。

―異業種からの転職を検討されている皆さんにメッセージをお願いします。

田巻/KDDIは今、会社全体として事業領域を拡大していく方向にあります。私が入社した時も、同じタイミングでエネルギー系や金融部門の経験者が入っていますが、今後もさらに通信以外の業界知識を持った人材が求められてくるでしょう。

鈴木/自分の強みを何かしら持っていれば、KDDIの門戸は開いていると思うので、「通信会社だから」といったフィルターをかけずに検討してほしいですね。

田巻/私は、自分と同じ公認会計士の方々にもおすすめしたいです。企業内会計士になると、会社の事業内容に対する理解が進み、監査法人とはまた違った経験を積むことができるので。

鈴木/いずれにせよ、挑戦するチャンスはごろごろと転がっている会社ですので。何をやりたいか、どんな風に力を発揮したいかを考えたうえで、ぜひ多くの方に入社していただきたいですね。