“セキュリティ”――自身のコアを築くために選んだ道。

自分が保有している技術は、将来にわたって通用するものなのか? エンジニアの方のなかには、そんな疑問を持っている人が少なくないと想像します。かつての私がそうでした。メーカーのSEとして多様な顧客企業を担当し、システム導入から運用までの業務全般に携わっていたために、器用貧乏とでも言うか…。特化した分野がない状況も課題に感じていました。そこで自身のコアとなる新たな価値を模索するなかで、強く惹きつけられたのがKDDIのセキュリティ業務でした。
セキュリティの分野は専門性が高いと同時に、変化も激しい領域です。そしてKDDIならば、世界とボーダーレスにつながりながら、ユーザーサイドで業務に携わることが可能となります。セキュリティ技術は、ユーザー側に身を置いて、守るべき対象を持ってこそ真価が発揮されますし、スキルを磨き上げられるもの。KDDIにおけるセキュリティ業務は、成長を志向する私にとって最も魅力的な仕事であり、エンジニアとしての到達点になりうると考えたのです。

技術+αのスキルを獲得。エンジニアとして一皮剥けた。

現在、私が在籍しているCSIRT(Computer Security Incident Response Team)は、KDDIのシステムのインシデント対応を担う組織です。インシデントのハンドリングは、スピードが求められるだけでなく、その対応が会社の信用にも影響を及ぼす重責のため、プレッシャーがかかります。しかしながら、日々、新たな出来事に遭遇し、知見を広げられるという意味においては実に収穫の多い仕事です。
例えば入社直後、調査の一環としてデータ分析をした際は、サーバの過去の挙動をログの一行一行から垣間見られるのが面白く、のめり込みました。膨大なログを分析して調査結果をまとめ上げ、解決策を立案するミッションは試行錯誤の連続でしたが、実務を通じて問題解決力や情報伝達能力なども養われ、エンジニアとして一皮剥けたと感じています。

KDDIの事業拡大を、セキュリティ面から支えていける人財に。

ご存知の通り、今日、サイバー空間では新たなインシデントが続々と発生し、攻撃の手口も巧妙化しています。このように注目度が高く、世の中に必要とされる業務に携われているのは大きな醍醐味です。これからも日々研鑽を重ねながら使命感を持って任務にあたり、会社に貢献していきたいと思います。KDDIが「ライフデザイン企業」への変革を目指すなか、次々に立案されている新規事業が安心して具現化できるよう、セキュリティ面から支えていける人財になることが目下の私の目標です。
一方、CSIRTでは、私のようにシステムやソフトウェアの開発をしていた者も含めて、多様なバックグラウンドを持つ人が活躍しています。KDDIは、社員個々の能力や働きが正当に評価される魅力的な組織でもあります。社の事業拡大に伴って、セキュリティ分野におけるキャリアアップの可能性もますます広がっていくことでしょう。